レンタルビデオショップで働くスタッフ

ビデオショップの仕事は、出勤する時間帯にもよりますが、出勤後に最初にする事は、お客様が返却したビデオを棚に返していくことです。
その時、同時にしていくのが、延滞ビデオの確認作業です。延滞者は、連絡リストに書いておきます。
これは店長が確認した後で連絡をする為です。

その後は、通常業務となるのですが、基本的な作業は皆さんも知っている通りです。
友人からは、「『ピッピッ』とするだけの仕事は楽でいいな」と、言われた事があります。
仕事自体はそれ程辛いものではありませんが、決して楽な仕事でもありません。

現に、急募の求人で来た新しいスタッフが、何故か仕事を覚える前に辞めたりします。
仮に転職してこられた人なら辞める事など考えずにがむしゃらに業務をされると思うのは私だけの考えでしょうか。
確かに店長の代わりに延滞のお客様へ連絡する時などは、本当に煙たがられますし、気分はよくありません。
しかし、自分の対応力のアップにつながると思えば、練習しながらでも給料がもらえるのでむしろ良い事だらけだと思います。

更にスタッフの特典としてあるのが、数は限られていますが映画や音楽レコードなどを無料で借りることができるところだと思います。
ただ、新作や新曲などのお客様に人気の商品は借りにくいのは言うまでもありません。
継続してレンタル中だからです。