富笠原が語る「野原水産」の求人に応募した話

応募しようと思ったきっかけ

数ある回転寿司チェーン店の中で、数年前から爆発な人気がある野原水産の回転寿司のサービス券が働くスタッフに5,000円分配布されると目にした求人に記載してあったので、そのサービス券欲しさに応募しました。

 

私が持っていた資格

原動付自転車の免許は取得していたのでそれを活かして仕事をすることは出来ました。

 

応募して挫折したこと

応募したのはサービス券欲しさにしたのですが、そのサービス券は半年後から使用できるもので使用期限は決まっていませんでしたが、使用開始の時期が決まっていました。しかも一般的なサービス券ではなくて従業員ようなので店を止めれば使えなくなるとサービス券の裏に記載されていました。

 

面接でこんなこと言われてしまいました。

バイトへの募集動機は何でしょうか。と言われました。私は、正直に答えることが出来ずに少しどもってしまいましたが、周囲に細かい気配りが出来るようになりたいと考えて応募しました。と言いました。すると、面接担当者の人が、サービス券目当てでバイトの応募に申し込んだのでしょうが、入った後で後悔する事になるわよ。私の言葉に被せて言われました。その時は何の話なのか全く分かりませんでした。

 

実際に仕事をしてみて

仕事をするまで全く知らなかったのですが、店内の仕事以外のデリバリーの仕事もあることを知りました。